ゲント

  • 2019.11.23 Saturday
  • 10:35

JUGEMテーマ:日記+情報

 

今日はツアー最終日。少し体調の戻った藤井の提案で、せっかくゲントに居るのだから、ランチがてら羊の絵を見に行こうとと言う事になった。僕たちにとっては非常に珍しい事だ。長年あちこち行かせてもらってるが、仕事で来た現地で観光というのは今までで数回しか無い。昼前ホテルを出て、聖バーフ大聖堂を目指して歩き始めた。途中ショッピング街で何箇所か靴屋を覗いたがちょうど良いのが無く、断念して大聖堂に向かった。直行すれば徒歩10分くらいの距離だった。正面から中に入って左側に料金所があり、4ユーロ払って中へ。日本語で説明が聞ける携帯電話みたいなのを貸してくれた。思ったより小さな画でびっくり。もっと大きな物を想像していた。ガラスで仕切られているが一番近寄っても昔の顔に戻されたという羊の顔がよく見えない。僕は左目は裸眼で1.2あるのだが。説明の機械と一緒に双眼鏡も貸してくれたらいいのに。

見終わってホテルの方向へ歩きながらレストランを探す。何処も結構お高い。なかなか入れず、とうとうホテルの斜め向かいまで来て、やっとお手頃イタリアンを見つけた。藤井はスパゲッティー・ボンゴレを僕は又ピザ・マルゲリータを食べた。庶民的な店だが結構美味しかった。

 

ホテルに戻り今夜と明日の準備。

夕方サウンドチェックに会場へ。歩いて3分程なので凄く楽。ちょうど対バンのアトミックのサウンドチェックが終わっとところだった。藤井のサウンドチェックで僕が会場で音を聴いてPA使うか使わないか聴いていたがエンジニアが上手でビックリ。凄く自然な音にしてくれるのでナマとの区別がつかないほど。食事をして8時過ぎから本番。

最初は主催者挨拶。藤井のソロ、アトミックの順。

 

 

かなり大きな会場にほぼ満席のお客さんが来てくれた。今回のツアーでは珍しく年配の人が多いが、入り口付近に20人くらいの若者集団が居たのが特異な感じだった。藤井の演奏が始まってしばらくするとその若者集団は全員会場を出て行った。???なんだか凄く妙だった。後で藤井に聞いたら主催者から予め伝えられていたそうだが、大学の授業の一環でコンサートを聴かなければいけないらしい。そして今日は金曜の夜だから皆んな友達と飲みに行きたいらしいとの事。邪魔にならないようで入り口のそばに座らせておくから気にしないでと言われたらしい。しかしピアノソロでピーンと張り詰めた音楽をやってる時に後方とはいえ20人が一斉に動いたら会場中に空気の動きが伝わる。ちょっと疑問のシステムだった。それとほぼ満席のお客さんだが、本当にこういう音楽好きなんですか?と言いたくなるような雰囲気だった。静かに聴いてくれて拍手もしてくれるのだが。そういう『気』のようなものは演奏者は直ぐに感じ取るんです。会場の一番後ろに居ても藤井がその『気』を感じてやりにくそうに弾いてるのが判った。これは後のバンド、アトミックの時も変わらなかった。結構イケイケの音楽をやってるアトミックの方が可哀想な感じがした。多くの若者が来てくれたウクライナとポーランドのあの熱気との違いが凄かった。

友人に紹介された留学中のヴァイオリニスト、加藤さんが来てくれた。クラシック奏者だがインプロも真剣にやっている。日本で僕も共演しているピアニストの照内さんと結構演奏してるそうだ。夕食まだ食べてないというので、主催者に遅くまでやってるカフェを教わって行った。ヨーロッパでインプロシーンに入っていきたいのだったら、ベルリンに行った方がいいなどという話をしたが、やる気もあって性格も何処でもやっていける感じがした。主催者がこの辺は安全だと言ってたのでカフェの前で彼女と別れて深夜ホテルに戻った。

 

ゲント

  • 2019.11.22 Friday
  • 09:35

JUGEMテーマ:日記+情報

 

朝9時半にクラクフのフェスの車が迎えに来て空港へ。30分ほどで到着。まだ2時間ちょっとあるのでラウンジでゆっくりする。結構飛んでるお陰でラウンジが使えるので時間のある時は助かる。まだお腹は空いてないし、美味しそうなものも無かったが到着時間を考えて無理に食べておく。飛行機が空いていて、皆んな隣を空けて座れたので楽だった。

ブリュッセル空港に着いて、電車に乗り換えゲントへ。昨日は藤井の体調を考えて駅からホテルまでタクシーで行こうという事になっていたが、藤井が大丈夫そうだからトラムで行こうと言う。結構寒かったのでどうかなと思ったが、それくらい体が楽になったという事で良かった。近くの人に乗り場やチケットの買い方を教わってトラムに乗車。ベルギーは皆んな英語が達者で助かる。5つ目の駅で降りるとホテルは目の前だった。部屋のエアコンを付けて荷物を出したりしていたが、どんなに温度設定を高くしても、生温い風しか出てこない。フロントに電話するとあと10分くらい付けっぱなしにして様子を見てくれと言う。結局同じ状態でどうにも寒いので又フロントに電話して、電気ストーブが有るか聞いたら「有りますよ、取りに来てください」人が足りないのかと思って取りに行ったが、普通は部屋まで持って来てくれるのだが、、、 まあお陰で部屋は暖かくなった。メールの返事などをして、夕食に出る。目指したレストランが満席で入れず、近くを見て回ったが結構何処もいっぱいでびっくり。比較的空いてた小綺麗なバーガー屋さんに入った。

 

ズキニーバーガーとクラシックバーガーを注文。どちらも美味しかったが、どう見てもズキニーじゃなく、ほうれん草っぽかった。写真はそれぞれのを半分っこしたもの。

 

藤井はオレンジジュース、僕はワインを頼んだのだが、ワイングラスの8分目まで入れてくれちゃってさあ大変。僕の場合これ全部飲んだら酔っ払っちゃいます。果たしてやはりあと少しが飲み切れず、ホテルに戻りそのままダウン。藤井はパソコン仕事してシャワーを浴び、普通に寝ていました。僕は夜中に起き出してシャワーを浴び、このブログを書いてます。

 

クラクフ

  • 2019.11.21 Thursday
  • 08:08

JUGEMテーマ:日記+情報

 

クラクフ最終日の夕食はこれもホテルからすぐのバスク料理屋さん。風邪でダウンした藤井が、ほとんどベッドに横になってウトウトしたり携帯チェックしたりしているのでつい僕の方もウトウト。なので書くことが特に無く、イベントは夕食だけでした。

そのくせ又写真を撮るのを忘れて食べ始め、気がついたのは最後のイカスミのリゾットでした。これの前にピメントスとタコのガルシア風を食べたんですが、、、

 

どれも美味しかった。

明日はベルギーのGentに移動です。

 

クラクフ

  • 2019.11.20 Wednesday
  • 22:58

JUGEMテーマ:日記+情報

 

今日はツアー中で唯一のoff日です。うちに持って帰る蜂蜜と、僕のブーツを買う予定だったけど、ここに来て藤井が風邪でダウン。日本出発前から喉がちょっと痛いと言ってたが市販薬などで何とか持ち堪えてていたのだが。時差ボケのせいで、ぐっすりとある程度の時間眠れていない事もあったのだと思う。ラファルやパウリーナ達と一緒に食事でもと言ってたが、断って一日休んでる事にした。近くのスーパーでパイナップルジュースを買って来て一生懸命飲んでいる。夜中に痰の絡んだような凄い音の寝息で心配になったが、本人グッスリ寝ているから起こさない方が良いと思って、こちらは左耳を枕に付けて寝る。右耳はほとんど聞こえないのでこういう時は便利。昼食はすぐ近くのポーランド料理屋さんに行く。藤井の大好物でもあり、身体も芯から温まるバルシチとポテトの揚げ物プラツキを注文。美味しかった。ここでも食べ終わる直前に写真撮るのを思い出した。食べかけの写真ですみません。

しかし藤井は風邪でも食欲があって良く食べられるので助かる。

 

途中スーパーに寄って又パイナップルジュースを買って部屋に戻った。

 

クラクフ

  • 2019.11.20 Wednesday
  • 04:27

JUGEMテーマ:日記+情報

 

今日はデュオのレコーディング。昨日アルケミアでクインテットの録音をしてくれたエンジニアのラファルに録ってもらう。ホテルから歩いて10分ほどのスタジオに10時に到着。ラファルがマイクセッティングしている時に問題発生。ピアノの低音域のEbを弾くと、ペダルも踏んでないのに倍音が残ってしまう。その近辺の他の音も少し倍音が聞こえる。スタジオの人に電話して来てもらう。

それからしばらく鍵盤を取り外したりして格闘。おそらく調律師に電話で聞きながらいじっていた。以下がその時の写真。

 

藤井が原因を発見。本来くっついているはずのフェルトが弦から浮いている。その部分をいじって何とか大丈夫という状態になったので、録音を始めたが、1時間半ほどで終了。トラブルがなければ午前中に終わってたかもしれない。果たしてどんな音に録れているのか?

ホテルに戻って、近くのイタリアンで遅い昼食。南瓜のスープとピザを食べたが美味しかった。

部屋の戻って僕はまた爆睡したが、藤井は眠くないと言ってパソコンでお仕事。

夜は近くのラーメン屋に行った。今時の洒落たお店。枝豆と醤油ラーメンを食べたが、枝豆に塩の代わりにごま油が絡めてあった。最初はこれも良いかもと思ったが途中からちょっとしつこく感じて来た。やっぱり塩にして!ラーメンはスープと麺はイマイチだったが、キノコ類が美味しかった。ポーランドはキノコでも有名らしい。食べかけの写真で失礼しました。

 

 

 

クラクフ

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 17:21

JUGEMテーマ:日記+情報

 

クラクフ2日目はまず洗濯から。ツアー中で大事な用事の一つです。靴下など小さな物はホテルの部屋で出来るが。Tシャツやシャツなど大きい物はやはりコインランドリーじゃないと大変。ホテルから歩いて6分ほどの所にコインランドリーがあった。ツアーの残り日数を数え、必要な物だけ洗濯する。ランドリーのおばちゃんに操作の仕方などを教えてもらい、1時間足らずで終了。ホテルに戻り昼食の場所を調べる。すぐ近くにタイ料理屋で寿司など和食もやってる店があったのでそこへ行く事にした。新しそうな店でまあお洒落。僕は寿司、藤井はパッタイを食べた。シャリが硬くてギュッと巻いてあり、酢もあまり効いてなくてイマイチだった。パッタイの方がまだマシだった。店はカッコいいが味は残念でした。

部屋に戻り昼寝。とにかく時差ボケ絶好調で、午後の眠い事。4時に会場であるアルケミアにブラブラと歩いて行く。とにかく街が綺麗になってビックリ。ここはベルリンですと言われても疑わないくらい。以前の薄汚れた感じがどんどん無くなって来ている。

少しサウンドチェックをして、録音開始。何曲か撮って食事休憩。アルケミアのレストランは何を食べても美味しい。8時から本番。昨日の藤井とジョー・フォンダのデュオの時もそうだったが、今日もまた満席。そう言えばキエフもグダンスクも満員のお客さんだった。普段少ないお客さんで苦労してる人間にとっては夢のよう。一体どうやったらこんなにお客さん集められるんだろう?

写真は今夜のメンバー。田村、藤井、ラファル、ラモン、ギレルモ。みんな濃いいキャラです。

 

電車でバッタリ会ったパウリーナも来てくれて軽く打ち上げしてホテルに戻る。打ち上げで飲んだプリミティーヴォという赤ワインが美味しくて結構飲んだのでベッドに入って頭が枕に付くかつかないかで爆睡。

 

グダンスクからクラクフへ

  • 2019.11.18 Monday
  • 09:11

JUGEMテーマ:日記+情報

 

グダンスクのホテルを朝10時に出て中央駅に向かう。15分見ておけば充分との事だったが慌てたくないので45分前に出発した。駅に向かう途中で道路が通行止めになっていて、多くの車が足止めをくらっている。急遽大回りして別のコースを取り、電車には間に合った。なんでもマラソンのために通行止めしたらしい。何があるか分からないから常に余裕を持って動かないと大変なことになる。

5時間半ほどの移動でメールをチェックしたりウトウトしたりして昼過ぎに持参したサンドイッチを食べようとした時、ハーイと声をかけられ見上げてビックリ。クラクフ在住で、藤井郷子ベルリンオーケストラのバリトン奏者で12月には来日して藤井郷子東京オーケストラでコンダクションをやってくれるパウリーナが立っているじゃないですか。何処か仕事先から親が滞在している言わば温泉旅館のような所に1日だけ合流するためたまたまこの電車に乗ったそうだ。思いがけない偶然でお互いビックリ。食堂車で話そうという事になり、以下がその写真です。

 

彼女はクラクフを通り越してさらに2時間ほど移動との事で、クラクフでお別れ。

僕たちとジョー・フォンダはクラクフ駅で迎えのドライバーを待つ。しかしなかなかドライバーが現れない。主催者のマレックに電話したらもうすぐ到着するとの事だったが、結局50分ほど待たされた。どうも手違いで16:00到着が6時到着と伝わったようだ。まあいろんな事があります。

その夜の会場、アルケミアでの写真が満席で会場に居場所がなく、撮れませんでした。

明日共演するラモンとギレルモが来てくれた。ラモンとジョーは古くからの友達だそうだ。みんな同じホテルなので、終演後1杯飲んでからブラブラと歩いてホテルに戻った。アルケミアの周りはいい感じの洒落た店がたくさん増えていて凄くいいエリアになってきている。相変わらずアルケミアはその中心って感じで若者で溢れていた。

 

 

 

 

グダンスク

  • 2019.11.17 Sunday
  • 17:43

JUGEMテーマ:日記+情報

 

グダンスクのホテルにチェックイン. 4時間ほど後の便でベースのジョー・フォンダが到着。しかし大問題。彼のトラベルベースとキャリーバッグが出てこなかったのだ。経由地のモスクワ空港で何処か別の所へ行ってしまったのか?どうしようもないのでジョーはホテルに来て、サウンドチェックに向かう。対バンがマシューシップのバンドで、ベースがウイリアム・パーカーなので、彼も使うベースが会場にはあるので、本番までにジョーのベースが間に合わなくても演奏はできる。

結果的にジョーのベースは間に合わなくて演奏終了後空港に撮りに行った。

以下が演奏風景です。ピンボケですみません。

 

グダンスク

  • 2019.11.17 Sunday
  • 08:51

JUGEMテーマ:日記+情報

 

キエフからポーランドのグダンスクに向かう。ハンガリーの格安航空のWIZZ Airです。

 

キエフの空港の写真も載せておきます。文字がいかにもですね。

 

藤井はいつ如何なる時も仕事です。

 

 

グダンスクに着いて入国審査が結構な列だった。しかも遅々として進まない。一人ずつにすごい時間をかけて一体何をチェックしているのか?自分の番が来て分かったが、全てのページをチェックしている。普通パラパラと見て空いてるところに適当にスタンプを押すのだが。今回二人ともパスポートを更新したばかりでほぼ全部白紙だったので、まだ時間が短くて済んだのかもしれない。

迎えに来てくれていた主催者が心配でヤキモキするくらいの時間がかかった。

キエフ

  • 2019.11.16 Saturday
  • 21:20

JUGEMテーマ:日記+情報

 

キエフのオーケストラが藤井郷子の曲を演奏。昼からもう一度リハーサルがあり、夕方一旦ホテルに戻って少し休憩。8時にまたホテルから会場へ向かう。元はリボン工場だったそうだが今はカッコいいライブ会場になっている。しかし照明が暗く、あちこちにやたら階段が多くて年寄りには大変。会場で食事をして本番。満員のお客さんも大喜びの素晴らしい演奏だった。

 

 

一つだけ残念だったのは主催者に預けてあった販売用CDを主催者が並べるのを忘れて1枚も売れなかった事だ。あれだけのお客さんの数と大喜びしていたのを考えると結構な枚数が売れたのではと思うわけです。ホテルに帰る時に持ってきたままの袋を渡されてガッカリ。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM